永代供養墓選びは費用・サービス…さまざまな視点から選ぶのが大切!大阪の方におすすめの永代供養寺院・霊園を紹介します!

永代供養は檀家にならなければいけないの?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/08

永代供養は普通のお墓を建てる供養の方式とは違う部分がたくさんあります。お寺にお墓を建てる時はそのお寺の檀家になりますが、永代供養はそのあたりのルールも少し違うものです。檀家という制度の仕組みを考えるとその理由も分かってきます。今回はそもそも檀家とはどんなものなのか、そして永代供養において檀家かどうかがそこまで重要ではない理由について解説します。

そもそも檀家って?

檀家という言葉は主に古代のインドで使われていたサンスクリット語という言語で「布施をする人」を意味する「ダーナパティ」が由来であるといわれ、その歴史は古く、制度自体は鎌倉時代に誕生しています。やがて江戸時代には、当時「キリシタン」と呼ばれたキリスト教徒達への対抗策として、すべての家がお寺の檀家になるよう命じられたといいます。

お彼岸やお盆にお墓参りをするという文化は檀家制度が広まったことで確立したとする見方もあるそうです。

言葉の由来通り、檀家はお寺にお布施を支払う人のことを指します。この支払いをするのは、主にお墓をお寺の敷地に置いてもらうためです。場合によってはお布施の他にも寄付金やお寺の建物の修繕費を求められることもあります。

そして、新たにどこかのお寺の檀家になるという時には「入檀料」というものを、檀家をやめる時には「離檀料」を支払わなければなりません。

檀家にはある程度の経済的な余裕が必要なものと思ってよいでしょう。

永代供養の場合

檀家に入っている家のお墓はお寺の墓地に置いてもらうことが出来ます。しかしそれは後継ぎや世話をしてくれる人が身近にいるからこそ可能なことです。

永代供養を申し込む人は子供がいなかったり親類縁者とあまり深い交流を持っていなかったりといった事情を持った人達であることが多いものです。そうした人の場合、本人が亡くなった後に管理費などを支払ってもらうことは難しいため、檀家になることも求められないことが通例となっています。

しかし、一概に永代供養なら檀家にならずに済むというわけではないので注意が必要です。お寺のルールというのは様々で、檀家以外の永代供養は受け付けていないという場合もあります。永代供養を申し込むときはお寺のホームページを見たり実際に話を聞いたりして条件を確認することが必須です。

ただ、檀家はお寺にお墓を置いてもらえるだけでなく法事などで優先してもらえるというメリットもあります。もしもの時にお寺にスムーズに対応してもらいたいのなら、永代供養を申し込むとしても檀家になったほうがよいでしょう。

檀家をやめるときの注意点

檀家になるときだけでなく、檀家をやめる時にも注意しておくべきことが数点あります。やめた後でやっぱり檀家に戻りたいとなったとしても少し手間取ってしまうので、離檀する時は注意点を完璧に把握しておきましょう。

■お墓を移さなければいけない
お寺に置いてもらっているお墓があるとしたら、檀家ではなくなるともう置いておくことが出来ないので撤去しなければいけません。墓石を撤去してお墓から遺骨を取り出したあとは新しく別の場所にお墓を建て直すという手もありますが、もし永代供養にするのならその工程は省くことができます。檀家をやめる時は供養の方法を見直すチャンスともいえるでしょう。

■離檀料のトラブル
昔と比べて増えているのが離檀料のトラブルです。かつてお墓は家で代々守っていくものだったため離檀はとても珍しいことでしたが、近年は地方の過疎化などの影響でお墓を管理しきれなくなり離檀するというケースがとても多くなっています。

離檀することを決めたら、突然の連絡になって困らせないためにもなるべく早いうちにお寺へその意思を話しておくのが礼儀です。しかし最近では全く連絡なく作業を始めてしまう人も一定数いるようです。とてもまれなことではありますが、そこに加えて管理費をしっかり払っていなかったなどの理由が積み重なってしまうと、お寺側から法外な離檀料を請求されるということも起こってしまいます。

不必要なトラブルを招かないためにも、日ごろから支払うべきものはきちんと支払っておき、早目な連絡を心がけましょう

まとめ

お寺によって基準は異なるので一概には言えませんが、永代供養なら檀家に入らなくても良いと思っておいてよいでしょう。子供がいない人などでも安心して供養してもらえる方法として永代供養は存在するので、後継ぎがいなければ不可能な檀家を必須条件にする場合はとても少なくなっています。

もしも檀家をやめて今後は永代供養にしたいとなった時は、少し言い出しづらいとは思いますが理由を正直に告げるのがおすすめです。管理費などの支払いを忘れずにやっていて、お寺との関係に問題がなければほとんどの場合断られることはありません。昨今の何が起こるか分からない世の中のことを思うと、檀家をやめて永代供養を選ぶというのもよい選択肢の一つといえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧