永代供養墓選びは費用・サービス…さまざまな視点から選ぶのが大切!大阪の方におすすめの永代供養寺院・霊園を紹介します!

永代供養では法要・法事はどうする?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/24

近年、お墓の後継者がいない、残る家族に手間をかけたくないなどの理由から、永代供養墓を選ぶ方が増えています。しかし、気になるのは「遺族は法要・法事をして良いのか」というところです。そこで、ここでは永代供養墓の供養、法要・法事について紹介していきます。

仏教における「法事・法要」を確認しよう

まず仏教における法事・法要について確認しましょう。お通夜と葬儀は永代供養墓であろうとなかろうと、通常通り遺族中心に執り行います。初七日は、現代では参列者に配慮し、葬儀と同日に済ませてしまうことが多いでしょう。これを「繰り上げ法要」あるいは「繰り込み法要」と呼びます。

四十九日法要は閻魔さまのお裁きがある日なので「家族が祈ることで故人の善行を増やし、極楽浄土に行きやすくなる」=「追善供養」になることから「できれば遺族がやるほうが良い」と思われるものです。予算は葬儀の1/10程度が目安でしょう。四十九日法要は友人・知人もお呼びすることが多いですが、永代供養墓では身内のみで執り行うこともあります。永代供養墓を管理しているお寺や霊園の様式にしたがって執り行われるのが通常です。

以降は一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌と続いていきます。

基本的には遺族は供養(法事・法要)しなくて大丈夫

永代供養墓の場合、供養してくれることを前提に契約をしています。そのため基本的にはお寺・霊園におまかせしても、とくに問題はありません。お寺・霊園では春・秋のお彼岸とお盆には供養をしてくれるのが一般的です。合同供養日、命日、回忌供養などもしてくれるところもありますし、お寺では月命日や毎日の回向などもしてくれるところもあります。

上記のとおり、供養の頻度・タイミングは管理者によってさまざまです。中には年1回しかしないところもあるので、よく確認して永代供養墓を選びましょう。

このように、比較的しっかりと法事・法要をしてくれる管理者が多いため、遺族側としては「管理側がこんなにしてくれているのに、その上、遺族が法事・法要を別個にするのは失礼にあたるかも」「法事・法要が管理側・遺族側で重なってしまうのはどうなんだろうか? 」と考えてしまうこともあるかと思います。

しかし、永代供養墓でも管理者と法事・法要を執り行うことにはまったく問題ありません。管理側も失礼とは思いませんし、重なっても大丈夫です。結論として永代供養墓は「遺族は供養(法事・法要)しなくて大丈夫」しかし「しても大丈夫」ということになります。

遺族が供養(法事・法要)すると良い

永代供養墓では「遺族は供養(法事・法要)しなくて大丈夫」「しても大丈夫」ということですが、それでも遺族が供養(法事・法要)することはとても良いことです。「家族が祈ることで故人の善行を増やし、また祈った側にも善行が返る」=「追善供養」になり、故人が極楽浄土に行くことを後押しできるからです。

また、遺族・親類縁者が顔を合わせることで、その親睦を深め、交流が増えれば、いさかいも起こりにくくなります。そうして遺族・親類縁者がなかよくなることで、故人も安心し、喜ぶことでしょう。

回忌供養のとき、ご僧侶におわたしするお布施は3万円~10万円ほど。出席者の料理代と引き出物代は8千円~1万円ほどがめやすとなります。三回忌からは身内だけで済ませることが一般的なので、それほど費用はかからなくなるでしょう。

まとめ

永代供養墓での供養・法事はどうすれば良いかをご紹介しました。高齢化・核家族化が進行した時代に生きているわたしたちにとって、いつ遺族や親類・縁者が絶えても、またご供養できない事情ができても安心できる永代供養墓はこれからもニーズを高めていくことでしょう。

しかし、まだ遺族が健在でご供養可能な間は、追善供養をされることは非常に良いことだと言えます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧