永代供養墓選びは費用・サービス…さまざまな視点から選ぶのが大切!大阪の方におすすめの永代供養寺院・霊園を紹介します!

納骨堂や樹木葬に改葬する人が増えている?

公開日:2020/09/25  最終更新日:2020/09/28

納骨堂・樹木葬 画像

近年は家族形態の変化やお墓の維持管理の負担が増えてしまうことの懸念から、一般墓ではなく永代供養墓が注目されています。その中でも特に、樹木葬や納骨堂は費用や参拝の気軽さが評価されています。

そこで、ここでは納骨堂や樹木葬に関する内容をご紹介します。この記事では現在納骨堂や樹木葬が増えている理由、詳細に関して、お墓情報サイトについて、寺院へ依頼する場合の内容の4つに着目して、ご紹介します。

納骨堂や樹木葬が増えている理由

現在は一般墓から永代供養墓へ改葬する人が増えており、特に樹木葬納骨堂が人気を占めています。特に購入者に多いのは、子供がいない夫婦や寺院との深いお付き合いを避けたいと考えている人たち。購入理由はお墓の管理の手間が減り、行きやすい場所へ改葬できるためお参りがしやすくなることが、多く挙げられます。

樹木葬とは

樹木葬とは墓石を建てずに樹木をお墓に見立てて埋葬することで、子供への継承・管理が不要な永代供養墓です。埋葬に必要なスペースが小さく、墓石を造らないため費用も安価で済むのが特徴です。埋葬場所は主に霊園で行う場合が多いです。

納骨堂とは

納骨堂とは遺骨を納骨するための建物のことです。建物内に遺骨やそれを収める骨壺が収納されており、雨天時でも気にせずお参りしやすいのが特徴です。また事前に回忌に合わせて、利用期間を設定することが多いです。

納骨堂はロッカー式、仏壇式、自動搬送式の主に3種類があり、最近特に増えているのが自動搬送式。こちらは納骨堂の中に数百~数千程度を収納でき、参拝者が認証カードを提示することで、遺骨が届けられるものです。

納骨堂は郊外だけでなく都市部にも多く点在しています。納骨場所は、立地条件や価格などを考慮して選ばれることが多いようです。

お墓ごとの情報を調べられるサイトがある

現代は墓の継承・管理の手間を減らせるのを理由に、樹木葬や納骨堂への申込が殺到しています。またお墓や霊園の検索サイトが作られたことで、知りたい情報をまとめて知れるようになりました。

近年では、お墓の検索ポータルサイトに登録する霊園が増えています。その理由は霊園・寺院が公式HPを立ち上げても、競争があり中々アクセス率が伸びないこと、消費者のお墓探しがスマホやPCで検索して調べることが多いことが挙げられます。

消費者は自分が希望するお墓の種類、エリア、価格等を自身の目で確認・比較しながら、そのまま問い合わせ・購入に至るケースが多いため、比較サイトのアクセスが増えているのです。特にお墓の検索サイトでトップの人気を誇る「いいお墓」では、年間の相談件数は約14万件でその内成約件数は約1万2000件となっています。

寺院に依頼する場合は住職・宗派も重要

樹木葬や納骨堂による改葬を寺院に依頼する場合は、費用や宗派だけでなく住職・僧侶の人柄も重要になります。寺院によって受入可能な宗派の指定有無が異なるだけでなく、住職・僧侶の人柄も重要です。特に法事や寺院の行事への参加を考えている方は、考慮したほうが良いでしょう。

他にも宗派に関しても重要です。寺院がどの宗派に属しているのか、過去の宗派が不問なのかどうかも決めるにあたって重要なポイントでしょう。既に特定の宗派に属している方は、検討している寺院に一度相談する、もしくは宗派不問の寺院を選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回は樹木葬や納骨堂に関する内容を中心にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

現在はお墓の維持・管理の手間を減らしたい人が増えているために、樹木葬や納骨堂への申込が増えています。そのため、将来樹木葬や納骨堂を検討されている方は、お墓の情報や寺院・霊園ごとの情報を調べる、運営元が寺院の場合は住職の人柄や宗派を考慮しつつ選ぶと良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧