永代供養墓選びは費用・サービス…さまざまな視点から選ぶのが大切!大阪の方におすすめの永代供養寺院・霊園を紹介します!

永代供養にはどんなプランがあるの?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/09

お墓参りについての考え方が時代とともに変わってきていることから、今後は家族と将来のことを考えながら進めないといけないことになります。特に永代供養を選択する場合には、いろいろな知識が必要となるのでお寺や寺院のプランなどを知っていないといけません。

お墓を任せることでどうなるか知ること

お寺や寺院にお墓の管理を任せることができるのは永代供養のメリットになりますが、それ以外にもいくつかの選ばれる理由があります。自分たちで管理することがないので法要のたびに何かと時間を取ったり、遠方の場合には旅費までかけていくことがなくなります。ようするに費用面ではお墓と自宅の距離が遠くなることによってかなりの違いがありますので、それぞれの家庭によって将来を見据えて考えることです。

また墓石を買わなくてもいいのも大きなメリットで、合同墓の場合は費用がかからないのと墓地の使用料なども安く利用することができます。また一番のメリットとして挙げられるのは、宗派にとらわれずに受け入れてくれる寺院が多くあることで、交通の便を考えて考慮するのも少なくありません。

お寺の場所には駅やバスなどの交通便がいいところは喜ばれますし、広い敷地があることでゆったりとした案内ができるのも助かります。ただしそこの檀家になることが条件としているところもあるので、前もって話を聞いておく必要がありますが、多くは受け入れてくれるのが現状です。

気をつけたいのはあくまでも家族の同意のもとでお墓や供養をどうするのかを考えていくことで、後々トラブルにならないようにすることはお墓問題のポイントとなります。ただお寺が熱心とか費用が安いなどのメリットではなく、今後の家族との在り方を考えることで今後ベストな選択をすることができるといえます。

どのようなタイプがあるのかわかる

人気のでてきている永代供養にはどのような種類があるのかを知っておくと、いざお寺に任せるときに選択しやすいので情報としてもっておくことです。なんとなくお寺に任せることで自分たちが何もしないというイメージをもっている人もいますが、実際には家族の気持ちを考慮しながら供養の形を選ぶことができます。

いきなり合祀されてしまうと感じている人もいるので、実際には合祀までお願いするケースよりも、生きている間は供養をしていきたいという家庭も多いです。そのような家庭の場合にはしばらくは納骨堂を用意して法要もすることができるので、事情によって子供がいない家庭では重宝される方法といえます。

また個別に供養壇を用意する方法もあり、個人で生前契約もできることもありがたいですが、何よりも先々の管理費がかからないので人気なプランです。個別供養壇は大きさに応じて金額が変わってきますが、それぞれの家族の気持ちを表すことができるのも金額以上に伝わりやすくなります。

また今は子供はいるが管理などの負担をかけさせたくないという家庭の場合は、違った形の供養塔を用意しているお寺もあるので便利に使うことができます。これは戒名も記すことができるので、よりお墓のつくりとしてイメージができることや、費用も納骨だけで管理費がかからないのも魅力です。

子供がいる家庭やいない家庭、そして高齢の親のことを考えたりするのは、自分たちの未来を想像していくことでお墓の価値観は見えてくるといえます。

選ぶのは将来のことを考えて

現在もお墓を持っているとか納骨堂があるという家庭では、こういった永代供養を考えたときに先祖の魂を引越しさせることになります。そこは家庭の事情なので決まったことは実行するべきですが、トラブルにならないようにするにはお寺によってはこういった方法があるということを伝えることです。

いきなり合祀をさせるというイメージをもっている人もいますし、費用をかけたくないから永代供養にしたと感じる人いるとおもいます。しかし、これからのお墓の考え方を一致させていくことは、費用をかけること以上に大事なことになりますので、兄弟とよく話し合って決定することが求められます。

そのためには知識を入れて新しい考え方、合祀という概念にとらわれないで種類があることを知ることで、家族みんなが納得できるお墓の考え方ができるようになります。管理を任せることはまったく無関心になることではなく、遠くからでも年に一度訪れるではなく数年に一度でも構わないので、心から家族が安心してお参りできる場所の提供です。

 

永代供養でお寺にお墓の管理を任せることによって、将来的に残される家族の管理が必要がないのが人気の理由です。あくまでも考え方を決める前に種類がありますので、いきなり合祀するケースではなく納骨堂から用意することもできます。また供養塔など戒名を残すこともできるのを知っておくことで、家族や兄弟間のトラブルにならないようにすることです。

生きている間の供養の仕方から、亡くなった後にはお寺に任せるという方法で、いろいろなお墓に関する考え方ができる世の中といえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧